〔01/05 15:18〕
風林火山

 2月高値?

 新年早々、他メディアの企画を引き合いに出すのも気が引けるのだが、日経ヴェリタスの市場関係者アンケートが、質・量とも充実していて興味深い。昨年は想定外の急落スタートに、多くの方の日経平均見通しが外れてしまったが、今年の予想はどうだろう。高値は、元ドイツ証券副会長・武者陵司氏の3万円が突出。本紙連載でおなじみの平野憲一氏が2万4500円で続き、その後は、2万3000円近辺だった。一方、安値は、ミョウジョウ・アセット・菊池真氏の9000円が際立つ(この方は、昨年も2年前も「12月・9000円」。信念なのだろう…)。次いで、1万5000円が数人。なお“ボリュームゾーン”としては、1万7000―2万2000円あたり。アンケート回答時点の水準に対し、下値は10%安、上値は15%高程度の設定となるのは定石通りだ。多くの市場筋の目線も、おそらくはその辺に置かれているのだろう。

 少し気になるのは高値形成月。1、2月を挙げたのが計11人。回答者の母数が増えたとはいえ、昨年7人、2年前は1人だ。「大統領就任後」が意識されている表れか。警戒感を残した相場は意外に長持ちするもの。富士重工業(7270)。

戻る

[PR]
情報競馬の神髄!
買い目無料提供!

[PR]
格安売買手数料の
証券会社はこちら

[PR]
債務整理!破産!
無料相談即日対応

[PR]
1対1の激熱闘牌!
オンライン麻雀東風荘

ディスクレーマー

Copyright(C) 2007 Nihon Securities Journal All rights reserved.